Search

「わからなくて無闇に混乱し落ち込んでいた現状に治る見通しができ、また、トラウマについての知識も身につきました。そのこと自体で、生活が明るくなりました。」(中間アンケート)

2回のカウンセリングを受けていただいてのご感想をいただきました(内容の掲載についてご本人よりご了承いただいています)。


1.カウンセリングを始めた時期の状況と変化  

 PTSDによるトラウマで発作的に出てきていた身体症状について、かかりつけの精神科医含め、身の回りの友人達にもほとんど話せず、話せたとしても、いつ治るか、果たして治るかということは誰もわからないという感じでした。そのことが原因で落ち込み、行き詰まりを感じていました。

  新井先生のセッションを受けて、わからなくて無闇に混乱し落ち込んでいた現状に治る見通しができ、また、トラウマについての知識も身につきました。そのこと自体で、生活が明るくなりました。

 TFTによってトラウマによる身体症状が出てきた時に自分で緩和できるセルフケアが身についたのもありがたいです。昨日から始めたマインドフルネスによって、自分の不安や混乱もありのままに見つめられるようになれば良いと思います。 2.カウンセリングの中で印象的だった体験など(カウンセリング、TFT、マインドフルネスなど)  今までいろいろな医師や臨床心理士のもとで治そうとして治せなかったトラウマに、治癒の道筋が見えてうれしかったこと。TFTが私の場合著効して、すぐにやり方を覚えることができたこと。

3.コンサルティング(助言や提案)の要素で、役に立ったもの、 役に立っているものなど  トラウマは部分に反応するということ。トラウマを励起させるその人全体が苦手ではなく、部分に反応すること。

  これまでの人生には良い部分もいっぱいあったこと。 4.心理カウンセリング中の雰囲気、居心地について

  まず、新井先生が親身に話を聞いてくださいます。多分私の話は、そんなことが実際にあったのか?という感じの話だと思いますが、先生はとても話しやすい方です。

 否定されることなく話を聞いてくれて、しかも比較的短時間で治そうとしてくれる姿勢がありがたいです。 5.オーダーメイド型カウンセリングやパーソナルコンサルティングを受けることを迷われたり検討している人に、何かメッセージがあれば是非お願いいたします。  以前別な臨床心理士の先生にPTSDによるトラウマで認知行動療法によるセッション毎回1時間5000円、月2回、PTSDになる前含め3年半くらいかかりました。また、精神科の医師の診察を経ています。

 しかし、彼らはトラウマの専門家ではなく、話を聞いて終わり、精神科では本当に短く話を聞いて、処方薬を出して終わり、ということがずっと続き、いつ根本的に治るのだろうかと思っていました。

 新井先生のセッションは比較的高額に思えますが、まだ残念ながら臨床心理士・公認心理士による治療には健康保険が使えず、100%自費の場合がほとんどです。先生の治療は、毎回安全な環境で着地点が見えて、進歩している、確かな治療で治ってきているという実感が持てます。そしてそのことが安心感につながります。

 私はトラウマを絶対治したかったので、人生を明るく幸せに有意義に過ごすために、トラウマの専門家である新井先生の治療は勇気を受けてみて良かったと、今は思っています。短期集中で取り組む価値はあると感じています。(40代 女性)



34 views

© i Presence consulting. All rights reserved.